« 突然のお誘い | トップページ | ジョージラック(パズル) »

これはいい!

あーっ!!
今日は、この画面でした。

うちは、夫婦で大ファンです。

Y
Miro

有名な検索サイト、“Google”のトップページのロゴが、何とジョアン・ミロの絵です!
何か、得した気分です。
ミロは、言うまでも無く、スペインのカタルーニャ地方が生んだ偉大な近代芸術家の一人。ピカソ、ダリ、カザルスらと並んで、讃えられています。
今日は、彼の誕生日でした。

ミロの絵が大好きで、バルセロナへ行った時は必ずミロ美術館へ行きます。ただの落書きの様ですが、じーっと見てるとなかなか不思議で、楽しいです。ホントにただの落書きなのかも知れませんけど(笑)。

Camp_nou
FCバルセロナのホームスタジアム、“Camp Nou”の見学ツアーで撮った写真です。
ミロが、チーム創立75周年記念に作ったポスターです。ここはツアーでしか入れない場所(観戦に来たVIP用の部屋みたいです)で、有名なポスターなので、見る事が出来て嬉しかったです。
写真はピンボケで、残念…(涙)。

Dali_1
ダリです。
“Chupa Chups”がバルセロナで誕生したお菓子で、包装紙のデザインはダリによるものである、というのは有名な話です。“Star Soccer”5月号のFCバルセロナ特集に出ている、ロナウドやクライフがChupa Chupsをほおばる写真は、微笑ましいですよ。
バルセロナから電車で2時間くらい北へ行った所にフィゲラスという町があり、ここにダリ美術館があります。一見の価値あります。

Tapies
これは、アントニ・タピエス。
彼の美術館は、バルセロナの街の中にあります。この建物もお洒落で、屋上の針金のオブジェも面白いです。

Cirse
仕事で行ったコンベンションセンターにあったものです。“Universitat”という、名前の通りバルセロナの文教地区にあります。
受付を終えて何気なく上を見ると…こんな所にもミロの作品がありました。何と、まあ…。

Logo_centenari_
“la Caixa”というバルセロナの銀行のエンブレム。これも、ミロの作品です。
初めて見た時、そのセンスの良さに打ちのめされました。ここのカード、欲しい…。

バルセロナの街には、至る所に芸術作品が溢れています。贅沢な街です。
札幌もこういう街になってほしいなあ、と思います。治安の悪さまでは似なくていいですけどね(笑)。

|

« 突然のお誘い | トップページ | ジョージラック(パズル) »

「日記」カテゴリの記事

コメント

グーグルに確認しに行ってきました。おお、ミロだ!お宅の玄関にミロが飾ってありますよね。抽象・現代絵画の知識は浅いので(具象・近代絵画の知識も大してないですけどね)、チュッパチャップスのデザインがダリとは知りませなんだ!スペインには大昔に一度行きましたが残念ながらバルセロナは未訪。次は是非行きたいです。プラド美術館で見た「ゲルニカ」には打ちのめされました。

投稿: peruko | 2006年4月20日 (木) 23時07分

意外な人が意外なモノをデザインしていることが時々あって、驚かされます。ホテルでよく見る湯沸かしポットが、ジャンボジェット機をデザインした人の作品だったり…。
バルセロナは未訪との事ですが、その節はモンジュイックの丘にあるミロ美術館へどうぞ。美術の知識云々など不要です(僕もありません)。
「ゲルニカ」は、王立ソフィア美術館で見ました(移されたんです)。こっちに置く方がふさわしいと思います。

投稿: yusaku | 2006年4月22日 (土) 08時57分

私もバルセロナで
ミロの美術館に行ってきました!!!

ちなみに、わがダンナに
FCバルセロナグッズをお土産に買い、
帰国しましたが、
あまり興味がなかったらしいです。
しょぼーん(>_<)

投稿: yunpon | 2006年4月22日 (土) 21時41分

いいね。そういえば友人と楽しい旅行だったんだよね。私もおいしい料理と美術館巡りしたいよ〜。

投稿: E | 2006年4月23日 (日) 09時53分

>yunponさん
ご主人、バルサグッズの反応今イチでしたか…(涙)。僕なら泣いて喜んだかも…。
で、グッズって何ですか?
バルセロナは芸術、サッカー、食べ物のどれも言う事なし。海外移住なら、バルセロナ以外に考えられません。ウイーンもいいですけどね。

投稿: yusaku | 2006年4月23日 (日) 19時16分

こんばんは.
4月初旬にマドリッドに行った折にソフィア王妃芸術センターに行きました.芸術は全然分からないのですが,ミロの絵には,その色使いの美しさ,不思議さに見とれてしまいました.
初めてミロを見たときに,一瞬Mr.Chirdren「シフクノオト」のジャケットを思い出しちゃいました(笑
しかしGoogleもしゃれたことをしますね.

投稿: ペーター | 2006年4月25日 (火) 02時00分

>ペーターさん
芸術の知識云々など関係なく、ぼんやり見ていても何となく楽しいのがミロの絵の魅力の一つだと思います。絵の中に、一つの世界が完結している様な、そんな印象が好きです。
王立ソフィアでしたら、ゲルニカもご覧になったのですね。うちに王立ソフィアで買ったゲルニカの額入りボスターがあります。大学生だったので、気合で機内持ち込みで持って帰ってきました。大変でしたが、今も大切な宝物です。

投稿: yusaku | 2006年4月25日 (火) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2821/1479559

この記事へのトラックバック一覧です: これはいい!:

» マドリッドの407 [ペーターのひとりごと]
マドリッドの自動車は,フランス車,国産車,ドイツ車,スウェーデン車,イギリス車,日本車・・・の順に多いような気がします.タクシーは406セダンが多かったかな.で407とはと言いますと,けっこう走ってます.ほとんどがセダンで,色はシルバー系,ブルー系,黒が多く,モンテクリストはおろか,ルビーレッドは1台も見ませんでした. そもそもヨーロッパではワゴンを選ぶ人はあんまりいないみたいです... [続きを読む]

受信: 2006年4月25日 (火) 02時01分

« 突然のお誘い | トップページ | ジョージラック(パズル) »