« 夏タイヤで、初ツーリング(その1)。 | トップページ | うちにも鯉のぼり。 »

夏タイヤで、初ツーリング(その2)

遊覧船が湖畔の船着き場へ帰ってくると、ちょうどチェックインの時間になり、ホテルへもどりました。
息子が少し風邪気味で、ドライブと遊覧船でちょっと疲れ気味の様子だったので、部屋でゆっくりして、お風呂を頂きました。
いい湯でしたー。僕は温泉が大好きで、特に露天風呂はうれしいです。

Y
Photo_91

部屋から見る湖の景色は、絶景です。
正面には羊蹄山、右側には、湖の真ん中にぽっかりと浮かぶ中島があります。

Photo_92
部屋から撮った写真をPhotoshopでつなげて、パノラマ写真作ってみました。
方向によって空の色が変わってしまった事、正面の羊蹄山がこの時間帯にかすんでしまったのが残念。

夜は、花火大会が楽しめます。ちょっと季節外れの感もありますが、なかなかオススメです。
音を聞きたかったので窓を開けていましたが、ちょっと寒かった…。これからの季節は、より良いと思います。

Photo_93
翌日は、少し早めにチェックアウトして、湖畔の散策へ。
背景にそびえる山は、有珠山です。2000年3月の噴火は、まだ記憶に新しいところです。

Photo_94
湖畔には多くの彫刻が飾られています。この彫刻を見ながらの散策も、楽しいです。
で、この日のお目当ては、この彫刻。
…恐いです。息子は怖がって近づけませんでした。

Photo_95
この日もいい天気でした。
渋滞も無く、快適なドライブを楽しめます。北海道に住んでて良かった、と思う瞬間です。

Photo_96
こういう日は、パノラミックガラスルーフもうれしい装備です。
最近、採用するクルマがどんどん増えていますが、もし設定があれば、ナビを付けるより、こっちを付けた方がいいかも…と思います。
室内が暖かくなるのも、ガラスルーフの有り難い機能です。今回のドライブではエアコン不要でした。
でも、きっと真夏は閉めっぱなしですね…子供には「壊れたから開かない」と言うつもりです。

Photo_97
今回のツーリング、試したかったのは、「ワインディングロード」でのバケネコ君の身のこなしですが…。
そこそこのペースなら、余裕でこなします。正直、ちょっと感動しました。

今回は、敢えてスポーツモードは使わず、ノーマルの状態での挙動を試しました。あくまで公道で、常識的なスピードでの感触です(当然…)。
後ろに子供とEさんが乗り、しかも車の右側に大人二人が乗るという、重量配分でいえばバランスの悪い状態でしたが、(今回のスピード程度では)コーナリングにほとんど影響ありません。これ、電子制御ショックアブソーバーも効いているのかも知れません。
サスペンションのストロークは「従来のPeugeot程懐は深くない」と言われている様ですが、踏ん張りながらの姿勢変化はゆったりとしていて、心地良いです。昔のPeugeotの乗り心地も、知りたくなりました。
ステアリングは軽めで、もう少し手応えが欲しい気もします。しかし、接地感の伝達はしっかりしているので、それ程不安にはなりません。まだ余裕がある、という事なのかも知れません…(公道ではそこまで試せません)。
今回は初めてなので、これからまだまだ発見があるでしょう。

我が家の今年のレジャーは、バケネコ君ツーリングを主体にする予定です。フランス人に負けないくらい、もっとたくさん使いこなしたいですねー。

|

« 夏タイヤで、初ツーリング(その1)。 | トップページ | うちにも鯉のぼり。 »

「407SW」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
 湖畔へのツーリング、とっても気持ち良さそうですねー^^
 ガラスルーフから射すこの時期の日差しが更に気持ち良さそう^o^
 デカイ顔の彫刻が気になりますが・・・^^;

投稿: 南東風 | 2006年5月 3日 (水) 01時49分

>南東風さん
この日は(北海道の今年の春では)暖かく、ツーリング日和でした。
南東風さんの「榛名湖ワインディングオフ」の記事で、307CCが屋根を開けている写真を見ると、気持ち良さそうでうらやましいです。
こっちでは、まだまだ先です。

投稿: yusaku | 2006年5月 3日 (水) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2821/1641261

この記事へのトラックバック一覧です: 夏タイヤで、初ツーリング(その2):

« 夏タイヤで、初ツーリング(その1)。 | トップページ | うちにも鯉のぼり。 »