« 栃木から | トップページ | 困ったプーさん »

あなはほるもの おっこちるとこ

懐かしいと大人も思えて、子供に楽しい絵本です。

E
1151400

「かいじゅうたちのいるところ」で今は有名なモーリス・センダックがかわいい絵を描いてます。手に取ったなり、懐かしさを覚える装丁です。なるほど1979年の初版。最近、再版されたようです。

457200215009_scmzzzzzzz_

タイトルのとおり、いろんなモノの意味、子供(ちいちゃいこどもたち)への説明。「あなはほるもの おっこちるとこ」って、私には無償にかわいいと思えました。お気に入りは「はなはこすりあわせるためにあるの」。この行で、息子とは毎晩鼻をこすり合わせる、至福の時です。

|

« 栃木から | トップページ | 困ったプーさん »

絵本」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~!ほんとかわいいタイトルの絵本♪「はなはこすりあわせるためにあるの」^^いいなぁ。ほのぼのしちゃいます。

投稿: chiharock | 2006年8月29日 (火) 13時21分

色一色の絵にシンプルな文章です。でもそれがかえって、すっと心にしみる感じがしました。
そうなんです。ほのぼのしました。

投稿: E | 2006年8月30日 (水) 00時17分

「あなはほるもの おっこちるとこ」
心惹かれるタイトルです。
すっごい当たり前なことなんだけど、とってもいいタイトル。
「はなはこすりあわせるためにあるの」
読んだらきっと、鼻こすり、私もマイブームになりそうです。
夫と?それもアリですが、う~ぐみと。

投稿: みかん | 2006年8月30日 (水) 20時48分

小さい時から絵本好きで、大人にもよい絵本がたくさんあって、困ってます(笑)。
是非、いろんな方と(?)こすり合って下さい、鼻!!

投稿: E | 2006年8月30日 (水) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 栃木から | トップページ | 困ったプーさん »