« 京都へ。 | トップページ | French Blue Picnic 2006 »

リーガ(WOWOW)開幕…より、大きな出来事。

FCバルセロナ 3 - 0 オサスナ

開幕したにもかかわらず、日本での放送局が決まっていなかったリーガ・エスパニョーラ。
どういういきさつか全く説明がありませんでしたが、とりあえずWOWOWでの放送が始まりました。
という事で、日本では第2節が開幕という、何とも白けた開幕試合になりました。

しかし、そんな小さな放送局の躓きなど吹き飛ばす様に、我らのFCバルセロナが歴史的な英断を下しました。

Y
070906_bannerunicef_2

クラブ創設107年以来の伝統を破り、FCバルセロナのユニフォームに「ブランドロゴ」が入ります。
ACミランならOPEL、インテルならPIRELLI…など、ほとんどのサッカーチームは胸にブランドロゴをプリントし、多額の広告収益をあげていますが、FCバルセロナはこれまで決して胸にロゴを入れる事はありませんでした。
しかし、今年、とある団体のロゴが入ります。それは…

070906_samarretaunicef_dif3_1
なんと、UNICEF(国際児童緊急基金)です。

何でも、日本ユニセフ協会のHPによれば、
「FCバルセロナは、創立以来100年間スポンサーなどにその使用を決して許すことの無かったユニフォーム前面のスペースにユニセフのロゴを入れ、キャンペーンへの支持を示すとともに、世界のサッカーファンに向け、キャンペーンへの支持・参加を訴えます。
この他にも、FCバルセロナは、今後5年間にわたり、毎年190万ドル(2億2,200万円余)、総額950万ドル(11億1,100万円余り)を、子どもたちを取り巻くエイズ諸問題の解決、特に、エイズによって親や保護者を失った子どもたちの保護のためにユニセフに提供します。さらに、スペイン国内や海外遠征先等でも、ユニセフのキャンペーンへの支持・募金を呼びかけてゆく予定です。」

あれー、普通は広告収益を得られるのに、逆にお金払っちゃってます。前代未聞です。何かの間違いかと耳を疑いましたが、ホントです。
いやー、やってくれました。こういうのは、むしろ大歓迎。感動しました。

Dscf2314
そういえば、うちの息子のジャンボジェット機も、UNICEFをサポートしてました…。

まあ、胸にロゴが入ることに対するソシオ(ファン)の反対をこれで和らげておいて、将来はちゃんとお金を取れる広告を載せるってのがずっと先にあって、今回の事はその伏線…なんて穿った見方も出来ない訳ではありませんが、何しろ契約期間は5年間ですから、こりゃ本物です。
この画期的な裁量のニュースを聞いて、15年間このチームを応援して来て良かった…と思いました。

これからは、FCバルセロナとともに、UNICEFを応援したいと思います。

さて、WOWOW開幕戦の第2節、「バルサ完璧、オサスナいいとこなし」の一言でした。
プジョル欠場には驚きましたが、八百長ユーベからやってきたテュラムとザンブロッタのおかげで、今年はゆっくりできそうです。

090906_cronikaeto2ongol 090906_eto_gran_1
エトー様は今年も序盤から全開です。2試合で3得点。38試合で57点…いっちゃいそうです。

前半のエトー様の2点、レオ君の1点で、試合決定。後半は早送りしてました。
リーガ3連覇、欧州チャンピオン2連覇へ。今年も楽しませてくれるでしょう。

|

« 京都へ。 | トップページ | French Blue Picnic 2006 »

「FC Barcelona」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都へ。 | トップページ | French Blue Picnic 2006 »